ボートレース江戸川で開催されるオール女子戦のイメージキャラクターを用いた公認のスピンオフ企画 超速戦姫(ちょうそくせんき)ヴァルキリータ→ン・プロジェクト がここに始動!

■超速戦姫ヴァルキリータ→ン とは…?

「モーターコア」と呼ばれる不思議な力を持つ6人の少女たちが専用のボートに乗り、突如現れた謎の侵略生命体に立ち向かう…という物語です。

東京都江戸川区に実在するボートレース場を舞台に繰り広げられる、個性豊かなキャラクターたちの活躍にどうぞご期待ください!



■プロジェクトの成り立ちについて

テレビCMでもお馴染みの「ボートレース」は、約1,600人いるレーサーたちが全国各地にあるボート場を転戦して、レースを行う公営競技です。

その1,600人の中には、女子レーサーが約200人含まれており、男子レーサーとほぼ同じ条件で一緒に戦うこともあれば、女子レーサーだけの「オール女子戦」という開催もあります。

なお、全国に24ヶ所あるレース場のうち、東京都の江戸川区にある「ボートレース江戸川」でも年1~2回オール女子戦が行われており、その開催を告知するためのポスターを毎回製作しています。

そして数年前、オール女子戦のポスター用に「江戸川オリジナルの女性キャラクターを作ろう!」ということになり、さらには「せっかく作るなら、クオリティーの高いものを…」と、現在人気アニメの製作にも携わっている作画監督さんらにキャラクターの原案やポスタービジュアルの製作を依頼しました。

その製作の過程では、単にオリジナルのものを作るというだけではなく、「このキャラを使って、もしアニメ化するなら…」という、その先の展開も見据えて、各キャラクターやストーリーの詳細な設定資料、物語のあらすじ、「超速戦姫ヴァルキリータ→ン」という作品のタイトルなど、レース場の広報宣伝スタッフからアイデアが次々と出てきました。

そして、実際にキャラクターを用いたポスターを数回製作するうち、スタッフの間で「このままポスター用だけのキャラクターだけで終わらせてしまうのは惜しい…」という気持ちが次第に大きくなりました。

もちろん「アニメ化」というのは、依然として壮大な願望ではありますが、果たしてどこまでその“夢”に近づくことができるか、可能な限りの挑戦をしてみようと、新たに「超速戦姫ヴァルキリータ→ン製作委員会」を発足するとともに、この度「超速戦姫ヴァルキリータ→ン・プロジェクト」を立ち上げました。



■プロジェクトの展開方針について

当プロジェクトは、ボートレース江戸川の公認スピンオフ企画として、まずは文化放送のインターネットラジオ「超!A&G+」にて、2017年1月7日よりオンエアされる新番組「超速電波(ちょうそくラジオ)ヴァルキリータ→ン」での活動を契機に、以下のような“野望”を抱いて展開していきます。

★主題歌を作りたい!

★ライトノベルを作りたい!

★コミックを作りたい!

★グッズを作りたい!

★イベントを開催したい!

↓↓↓

★そして、最終的に…

「いずれはアニメ化したい!」



■スポンサー様&サポーター様を募集しています!!

まだまだ馴染みの薄いボートレース場のキャラクターではありますが、少しでも認知度が高まり、さらに人気が集まれば、上記の野望達成も決して夢ではない!…と考えておりますので、今後の展開をどうか温かく見守っていただければと思います。

と同時に、当プロジェクトにご協賛いただけるスポンサー企業様や、作品の具現化をお手伝いしてくださるライトノベル作家様・漫画家様などがいらっしゃいましたら、ぜひご連絡をお待ちしております!

◎お問い合わせは、以下よりご連絡をお願いいたします。

パソコンの方はこちら
スマートフォンの方はこちら

超速戦姫ヴァルキリータ→ン製作委員会